【何がどうして恥ずかしいの???】

From:行徳伸介

広尾のスタバより、、、

「えー、絶対イヤだーーー!!みんなに見られたら、恥ずかしいしー!!」
と、全力で娘に拒否されてしまった。

最近、小学4年の娘と2年の息子がYoutube動画を見て楽しんでいる。

マインクラフトという建物を建てたり、モンスターと戦うゲームの実況動画だ。

その他にも同年代の子供が市販のおもちゃやお菓子を紹介をする動画もある。

いろいろなテーマがあり、動画投稿をしている年齢層も性別も様々。

私の子供達もスマホで自撮りしたり、勝手にビデオ撮影したりするので、
何か面白いビデオを作って投稿してみたらと提案してみたのだ。

しかし、案の定というか、一瞬で却下。
理由は、「周りにやっている人は誰もいないし、友達に見られたら恥ずかしい」
確かにその気持ちも理解できるので、無理強いをするつもりもない。

よくよく考えてみると、これと似たケースがビジネスでも起きている。

マーケティングの施策の一つとして、情報発信を提案する時。
特に動画ともなると相当ハードルが高いようだ。

決して「さあ、エベレストに登ろう!!」と提案しているわけではない。
しかも、このハードルは一瞬で10cm位まで低くすることが可能だ。

何か特別なスキルでも、
何か特別なツールでも、
何か特別な知識でもない。

必要なのは「マインドセット」

マインドセットだけでは、エベレストに登ることはできない。
でも、動画投稿ならマインドセットだけで充分。
あとはやってみるだけ。

そして、このマインドセットの邪魔をするのが「周囲」
95%くらいがこれと言ってもよいかもしれない。

「同業の仲間が良く思わないから。。。」
「同業は誰もやってないしなぁ。。。」
「同業が、同業が、同業が。。。」

でも、こんな時は次のような質問をするようにしています。

「あなたのクライアントは誰ですか?」
「クライアントと良い関係を作りたくはないですか?」
「同業他社はあなたのサービスにお金を払ってくれますか?」

それでも、やらないための理由は幾らでも挙げられます。
そんな時には、もう一つとっておきの言葉をかけるようにしています。

「自分が思うほど人は見ていない。」ということ。

短くても、間違っても、内容がどうであれ、まずは30日継続して、習慣化しましょう。


PS.中小企業経営者、起業家の方でクライアント獲得、売上アップ、利益率改善に
お悩みの方のためにお力になりたいと考えています。
ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします。

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。