【実践NG編~売上アップにアップセルとクロスセル】

先日お伝えした即効性の高い売上アップの手法。
上位版を販売するアップセルと関連商品を販売するクロスセル。

 

丁度その投稿をしたその日に面白い光景を目にしました。

 

それぞれ分野の異なるコンサルタントコミュニティーの仲間たちと懇親会へ。
お店は季節外れの桜の花が遠く離れた京都を思い出させてくれるオシャレな作り。
店内も居酒屋と思えないくらい静かで落ち着いた雰囲気。

我々は少し広めの個室に通され、皆早くもリラックスモード。

メニューを開いてみると、オシャレな名前のカクテル。
少し変わった名前の創作料理。

 

初めての店だとやはり何を頼むかいろいろと迷ってしまいますよね。

 

結局、部屋に備え付けの注文用電話で店員さんを呼ぶことに。
店員さんも快く部屋に来てくれました。

 

直ぐにオーダーを取りに来てくれたのは二十歳前後の可愛らしい女性。
何をススメてくれるかなーとみんな待ってます。

 

おなかを空かせた猛獣のような男たちが6人。
今か今かとお姉さんの一言を待っています。

 

シーン・・・そのまま時は流れ(10秒くらいね。。。)

 

結局、ダンディーなお兄様たちの方からいろいろと質問することにしました。

 

おすすめは何?
お姉さんが食べたいのは?
良く出ているのは何?

こちらから話を振ると、ちゃんと答えてくれました。
良かった。
無視されたらどうしようかと冷や冷やでした。

 

あなたがお客様とお会いした時も、同じようなミスをしていませんか?
今回のケースでは、お客側である我々の方からいろいろと商品について聞きましたが。

 

本来ならば、店員さんの方からアップセルやクロスセルをガンガンかけてくれば。。。
それに比例して売り上げが上がった可能性はとても高かったはず。

 

しかも、部屋まで足を運んで、お客の表情まで見えるのに。
でも、これはこの女性店員が悪いのではなく、
お店としての教育、経営者側の問題です。

 

同じ居酒屋でも繁盛しているお店ほど、
アルバイト店員が愛想よくアップセル、クロスセルを仕掛けてきます。

 

言うか言わないかだけで、売上に変化が出るなら
あなたはどちらを選びますか?

参考になったと思ったら、この投稿をシェアしてくださいね!

PS.顧客の心に火をつける小さな会社のための「本物」のマーケティングを実践したい方へ。

現在、期間限定(本日0/13まで)Line@登録者限定の特別オファー実施中!!

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。