あのスタバがイタリア初上陸??

世界70か国に24,000点以上を展開する

世界最大のコーヒーチェーンが

遂にイタリアに上陸!!

 

先日たまたま観ていた

ドキュメンタリー番組で

スターバックスのイタリア進出が

取り上げられていました。

イタリアといえば、コーヒー

コーヒーといえば、バール

バールといえば、エスプレッソ

私はイタリアに行ったことはないですが、

それでもイタリアではエスプレッソが

好まれるというのは何となく知ってました。

 

でも、エスプレッソを飲むイタリア人が

注文して数十秒で出てきたエスプレッソを

二口、三口でサッと飲み干し、

ものの2~3分でお店を後にするとまでは、

知りませんでした。

 

イタリアにおけるバールはそのほとんどが

個人経営でイタリア国以内に17点も

存在するといわれているそうです。

この数は日本のコンビニの約3倍。

というとその凄さに唖然・・・

 

そんな独自のコーヒー文化を持つ

イタリア・ミラノにスタバが初上陸。

 

街をゆく人々のインタビューでも

「スタバが出来てもバールにしか行かない」

という地域密着型のアットホームな

バールの熱狂的支持者もいれば、

「スタバのコーヒーを飲んでみたい」

というスタバに魅力を体験したい

新しいもの好きな人もいる。

 

一方で近隣のバールの店主は

ほぼ全員が強い危機感を持っていて、

中には「もう潰れるしかない」と

口にする人も。。。

 

もちろんスタバが営業を始めてみなければ

分かりませんが、スタバと真っ向から

戦うようなことをしなければ

共存は可能ではないでしょうか。

 

軽いコミュニケーションを楽しんで

サッと飲んでサッと立ち去る

イタリアの伝統的なコーヒー文化。

 

スタバの提唱する

家庭、職場ではない、

第三の場所としての空間

そのゆったりとした空間で

美味しいコーヒーをゆっくり

味わうという体験。

 

スタバがイタリア市場の中で

どのような発展を遂げるのか

それとも大きな壁にぶち当たるのか

目が離せない。。。

参考になったと思ったら、
この投稿をシェアしてくださいね!

PS. 取引先や他人に依存しない精神的自立、
働く時間に縛られない時間的自立、
お金の不安から解放されて経済的自立を目指す
経営者・起業家のためのコーチ

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。