ビジネスで社会的証明をいかす簡単なコツ

「こんなお店よく見つけたね。。。」

『まぁ、ふつう気づかないよね・・・』

「しょっちゅう来るの?」

『いや、初めて・・・』

「え???マジ???」

『でも食べログで評価高かったよ・・・』

こんな会話の経験ありませんか?

 

他にも初めて行く場所で

たまたま行列のお店があったので

少し待って入ってみたとか。

私は実際によくやるのですが、

初めて行くお店で店員さんに

「一番売れているの何ですか?」

と聞いてみたり。

 

実際に先日ランチミーティングをした

浅草今半でも外まで続く行列に

興味を持ち店員に問い合わせをする

海外からの観光客たち。

 

ランチメニューがどれも魅力的で

迷ってなかなか選べない。

結局、店員さんにおススメを

伺いました。

 

そう人間は決められないのです。

だってものごとを決断するのって

ストレスかかるし、できるだけ

良い決断をしたいと思うから。

 

ジャムを3種類販売したケースと

20種類以上取り揃えたケースとでは

なんと3種類に絞った方が

売上が多かったという

実験結果もあるくらいです。

 

結局、選択肢が多すぎると

人はかえって選べない。

 

そして我々が何か決断する時に

その拠り所とするのが社会的証明。

 

社会的証明というのは、

行列や口コミ、紹介、実績、

お客様の声、雑誌掲載、等々。

人間はものごとを決断するのを

避けたがる傾向にあります。

その点がわかっていれば、

あなたの商品やサービスを求める

初めてのクライアントに対して

どのような対応が出来ますか?

 

人気のおススメを教えてあげたり

お得なプランを教えてあげたり

クライアントの最善の選択を

お手伝いできれば、

信頼関係も深まりますよね。

あなたのビジネスでは

どのように社会的証明を

活かすことができるしょうか?

参考になったと思ったら、
この投稿をシェアしてくださいね!

PS. 取引先や他人に依存しない精神的自立、
働く時間に縛られない時間的自立、
お金の不安から解放され経済的自立を目指す
経営者・起業家のためのコーチ

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。