【本を読むのは最悪の学習法???】

2日間に渡り開催されたロバート・キヨサキの講演会では、

合計12人ものスピーカーが登壇し、

投資、経済、ビジネス、マーケティング、心理学、SNSなど

様々なテーマで多くの学びがありました。

 

お陰さまで容量の少ない私の頭もパンク寸前。。。

 

なので、私が特に印象に残っていて、役に立つ情報を

忘れないうちに出来るだけ、皆さんにシェアしていきたい。

ロバキヨの講演の進め方で「なるほど」と思ったのは、

何度も何度も周囲の参加者と討論する時間を設けたこと。

 

そして、なぜそのようなことをするのかを

「デールの経験の円錐」という図を使って説明してくれた。

 

 

添付の図は、エドガーデールの「学習の法則」とも呼ばれている。

これは、人間が学んだ内容を2週間後に覚えている

割合を学びの性質や方法で分類し図解したものだ。

 

特にロバキヨが何度も何度も我々に向かって言っていたのは、

「本を読む」というのは”最悪の学び”だということ。

 

えぇぇ~~~!?うそぉ・・・

結構、本読んでるのにぃ…

 

そう、本を読むというのは2週間後の記憶の定着度を

測ってみるとわずか10%。。。

 

確かに、そうだなぁ。

しばらく前に読んだ本で内容を全て覚えている本は皆無に近い。

 

では、本を読むのが全くの無駄なのかというとそうではない。

これは、読むだけであれば、記憶の定着度が10%といっているだけで、

本で読んだ内容を講演会などで聞けば、

写真なども一緒に見れば、

他の人に伝えれば、定着度も大きく改善することが出来る。

ロバキヨの公演中の討論タイムも

学んだことについてお互いに話をすることで

学んだ内容の定着度を70%まで高めようという試みだ。

 

目で見て、耳で聞く「知る」という時点では10~30%

上記に言う(シェア)を加えて「分かる」の時点で50~70%

更に行動=Actionを加えた「体験」を通すと90%

 

ここまできてようやく「実感する」とか「腑に落ちる」と

言えるようなレベルに到達する。

 

読む、聞く、見るだけのインプットでは全然足りない。

学んだことを、言う、そして実際に体験してみることが必要だと思った。

 

私もSNSを使った情報発信を日々実践しているので、

学んだ内容を文章でも動画でも画像でも伝えることが出来る。

 

これからも学んだことを積極的にアウトプットして、

自分の経験値を高めていきたい。

 

参考になったと思ったら、この投稿をシェアしてくださいね!

PS.顧客の心に火をつける小さな会社のための「本物」のマーケティングを実践したい方へ。

中小企業経営者、起業家の方でクライアント獲得、売上アップ、
利益率改善にお悩みの方のためにお力になりたいと考えています。

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。