価格はあってないようなモノのメカニズム

レトルトのミートボール800円!?

春雨のインスタントスープがフカヒレ!?

カップ麺のアレンジが本格イタリアン!?

 

人間の錯覚って凄い・・・

勝手に想像ふくらましたうえに

とんでもなくぶっ飛んだ

価値を上乗せしてくれるんだ・・・

先日、某モデリング番組で

ターゲットを高級イタリアンに招き

高級どころかその辺にある

適当な食材で作った創作料理を

振舞って反応を見るという

コーナーがありました。

 

これを見ながらいろんなことを

思いましたが、

何よりも

「価格なんてあってないようなモノ!!」

「人の価格に対するイメージほど

いい加減なものはない!!」

ということを再認識。

一人ものすごく惜しい男性がいました。

おそらく味と価格の基準をしっかりと

持った数少ない存在です。

でも、こういう人はほんの一握り。

 

多くの人が高級イタリアンときいて

材料にこだわった高くて

美味しい料理が出てくると

勝手に期待しているから

実際はそんな料理であることに

ほとんど気づきません。

 

サービススタッフの説明を

神妙に聞きながら

物珍しそうに料理を

眺めています。

 

実際に口に入れて味わっても

「うんうん」と頷きながら

満足そうに食べています。

 

そうかそうか、なるほどね。

これが価格のマジックか・・・

見せ方、雰囲気作りも大事だね。。。

もちろん、ニセ創作料理といっても

実際に料理を作っているのは

高級イタリアンの巨匠なので、

本当にインスタントとは思えない

出来に仕上がっているのでしょう。

 

当然ここはとても重要なポイントで

ここを外すとすぐにニセモノだと

バレてしまいます。

 

でも裏を返せば、多くの人が

価格というものに対して

持っているイメージは

ただの他店との比較だったり、

その業態での平均的な何かだったり、

とても漠然で曖昧なもの。

 

この品質でこの価格は妥当と

自分の基準で判断できる人なんて

ごくごくわずか。

 

実際にそれがいくらかなんて

ほとんどの消費者には分かんないの!!

 

結局、価格を決めるのは自分なので

業態の平均に合わせて埋もれるか

接客、サービス、アフターフォロー、

見せ方、雰囲気作り、あらゆる点で

他とのちょっとした違いを

伝わるように伝えるか。

 

参考になったと思ったら、
この投稿をシェアしてくださいね!

PS. 取引先や他人に依存しない精神的自立、
働く時間に縛られない時間的自立、
お金の不安から解放され経済的自立を目指す
経営者・起業家のためのコーチ

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。