【完璧な商品を作ってはいけない理由】

From: 行德 伸介
南麻布のオフィスより、、、

 

あなたは、これから商品やサービスを販売しようという時に

完璧なモノを提供しようとしていませんか?

確かに全てのクライアントを満足させられるような

完璧な商品があれば、絶対に売れると思ってしまいますよね。

 

でも、それは間違いです。

マーケティングの世界には、次のような言葉があります。

「一番売れているものが、一番良い商品とは限らない」

そう、完璧な商品だから売れるとは限らないのです。

 

いかに優れた商品でも売り方を間違えると売れません。

だから、少しずつ改良を加え、より良い商品に育てていくのです。

 

そして、ビジネスではスピードも重要です。

APPLEのiPhoneも同じですよね?

不完全な状態で発売し、その後、アップデートを繰り返します。

 

マーケットにいち早く商品を届けたものが

マーケットで一番強い地位を築く。

 

ただ、決して手抜きをしてもよいという意味ではありません。

その時点で、最高の商品が出来たら、まずは販売してみることです。

 

あなたの商品やサービスを評価するのは、あなたではありあません。

売れる前に完璧な商品を追求するのではなく、

まずは、クライアントの反応を確かめてみましょう。

 

PPS.中小企業経営者、起業家の方でクライアント獲得、売上アップ、
利益率改善にお悩みの方のためにお力になりたいと考えています。
ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。