集客を始める際の根本的な間違い

ビジネスオーナーや起業家が

集客に取り組む際にありがちな

勘違いについての記事です。

 

「男性向けのエステサロンです。」

『へえ、男性向け?』

「普段、エステに行かないような

男性に来てもらいたいんです」

『今はどういうお客さんが

多いんですか?

例えば職業、年齢層とか』

「まだ開店してそれほど

経っていないので、

お客さん自体少ないですが、

30代後半位ですかね・・・」

『職業は?』

「社長さんとかじゃないかな。

結構お金持ってそうな感じです。」

 

先日、何度かお会いしたことのある

知人から相談を受けました。

折角、何度かお会いしていたのに、

今までビジネスの話をほとんど

したことがなく、もっとこちらから

お話を聴いておけば良かったなと

少し後悔・・・

 

スタッフと二人で昨年から

サロンを始めたそうですが、

集客が上手くいっておらず

どうにかしようにも

何から手を着けてよいのか

分からない状態だったそうです。

 

今回も限られた時間での

立ち話だったので、

それ程長く相談を受ける

ことはできませんでした。

 

その時にお話ししたことや

後々浮かんできたアイデアなど

同じような悩み・問題を

お持ちの店舗オーナーさんに

役立つかもしれないと思い

この記事を書いています。

 

「チラシも撒いたし、

新聞折込もタウン誌も

いろいろやったけど・・・」

「〇ットペッパーも始めたし、

ホームページも作ろうと思って

依頼しているところで・・・」

「行徳さんみたいに

ブログ書いたりとか

動画もやらないと

ダメなんですかね?」

 

『ちょっと待って下さい。

今、チラシとか、

登録サイトとか、

新聞、タウン誌、

ホームページとか、

たくさん出ましたけど、

その前にやることが

ありますよ!!』

 

『少し質問させて下さいね。』

『あなたは誰ですか?』

「え?」

『理想のお客さんは誰ですか?』

「え?」

『どんな問題・悩みを解決できます?』

「えーっと・・・」

『それを解決するとどうなります?』

「はぁ・・・」

『あなたを選ぶ理由は何ですか?』

「ううん・・・」

と、幾つか質問を投げかけてみました。

 

これらは、じっくり考えずに

回答できるような簡単な質問では

ありません。

 

しっかりと顧客をリサーチして

これらの問題に答えられなければ

なりません。

 

《顧客に何を伝えるのか》

 

という点が決まっていなければ、

幾らメッセージを発しても

正直、見向きもされません。

 

ターゲットとする顧客も

メッセージも明確でないのに

先ほどの様々なメディア、

手法、ツールを幾ら使っても

効果は出ないのです!!

 

集客を考える時に陥りがちなミスが

新しいメディア、手法、ツールさえ

使えば上手くいくという間違いです。

 

その前にやることをしっかり

しておかなければ、

広告費、ウェブサイト制作費、

全て捨てるようなものです。

 

参考になったと思ったら、
この投稿をシェアしてください!!

 

見込客獲得、HPアクセス、売上アップ

3分動画マーケティング

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。