インターネット集客に対する3つの勘違い

もしもあなたがインターネットを活用した集客で思ったような結果を出せていないのなら、 次のような勘違いをしていないか、じっくりと考えてみて下さい。

・自分のビジネスはインターネットとは無関係
・なぜホームページにアクセスを集めても、契約につながらないのか?
・なぜホームページを作っても、あなたのサービスが売れないのか?
・インターネット集客とオフライン集客の違い
・なぜ上手くいっている他社の真似をしても上手くいかないのか?

これらの疑問に対して、上手く回答できなかったり、勘違いしたままでいると、 インターネット集客の効果を上手く発揮することができず、インターネット集客の成功が遠のいてしまいます。

なので、今回はインターネット集客における以下の3つの勘違いについて、あなたのケースに照らし合わせて、じっくりと考えてみて下さい。

士業ビジネスはインターネットとは無関係

あなたがこのように考えていたとしても、あなたの競合は、インターネットを使って、 どのように集客できるだろうかと日々研究を重ね、成果を出しているのです。
その証拠にあなたの競合もそれぞれホームページを作り、何かしらの情報発信を行っているのではないでしょうか。
あなたの周りにも、インターネット集客で成果を出している同業者が必ずいるはずです。

インターネットを使ったマーケティングは自分のビジネスには向かない

あなたは次のような場合、どうやって目的となるものを探しますか?ちょっと想像してみて下さい。

・行ったことのない飲食店を探す時

・新たに美容院を探す時

・出張先のホテルを探す時

・海外の取引先とのミーティングのために通訳を探す時

・新しい仕事用パソコンを探す時

どうでしょうか?

友人・知人に聞く、イエローページ、タウン誌、直接来店する等、選択肢はたくさんありますが、 手元に何の資料も情報もない、まっさらな状態なら、おそらくほとんどの人がネットを使ってリサーチをするのではないでしょうか。

では、あなたのサービスについてはどうでしょうか?

言うまでもないですよね。

実際に私が法人設立初年度に税務申告のために税理士を探した際は、ネットを使いました。
自宅近くで、直ぐに対応してくれそうな事務所を3つほどネットで探し、それぞれ見積もりを取りました。

あなたが思っている以上に多くの人がインターネットを活用して、必要とするサービスを探しているのです。

制作業者に任せてホームページさえ作れば、問合せが爆発的に増える

実際には業者に任せてホームページを作成しただけでは、思うように集客はできないでしょう。
なぜなら、制作業者はあくまでも、ある程度デザイン性があるホームページの形を作ってくれるだけで、 インターネットマーケティングについて理解している業者は、大企業であってもそれほど多くはありません。
いうまでもなく、ホームページの中にマーケティングの要素を取り入れなければ、
あなたのホームページは単なる会社紹介のままで、売れるホームページにはならないのです。

今、あなたに必要なこと

インターネットを使い、どうやって新規客を獲得し、既存客との関係性を保っていくのかというのは あなたのビジネスにとって最も重要な課題と言っても過言ではありません。

この最も重要な課題を他の誰かに任せてはいけません。
あなた自身がすぐにでも取り組むべきことなのです。

インターネットを使ったマーケティングとは何なのかという事について、まずあなた自身が理解していなければ、無駄な広告や、売れないホームページの作成に無駄なお金を使ってしまうことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。