グッとくる熱いラブレター求む!!

最後にラブレターをもらったのはいつです
か?

あなたはどんなラブレターが欲しいですか?

こんな私でも時々ラブレターをもらうことが
あります。

といっても、さすがに返事を書くことはあり
ませんし、お礼を言うこともありません。

なぜなら、そのラブレターがそういう気持ち
にさせてくれないからです。

なんかこう、、、

「あなたのことを本当に思っているんです」

とか、

「今度いつ私と会えますか?」

的なグイグイくるものがないんですよね。

もちろんビジネスの話ですよ。

ここ最近で私が最後に受け取ったラブレター
は、以前利用していたヘアサロンからのもの
でした。

3年ほど前に初めて利用したそのヘアサロン
は料金は平均的、サービスも特に不満な点は
ありません。

たまたま半年ほど利用したあとに、別のサロ
ンを見つけたので、行かなくなりました。

別に嫌いになったわけではありません。

その後も最初に通っていたサロンからは、
毎年誕生日の前月にバースデーハガキが届き
ます。

確か特典として50%オフチケットとして
利用できるのですが、私は利用しません。

確かに50%オフのチケットは魅力的ですよ。
でも、他のサロンも同じようなハガキをくれ
るし、なんか年に一度このハガキだけを
もって行くのもバツが悪いんですよね。

では、何があれば私はまたこのサロンに戻る
のか?

あなただったらどうですか?

どのような点をいつも気にしてますか?

私はもっとパーソナルなハガキをもっと頻繁
にもらったら、多分また行きます。

消費者って意外と単純ですからね。

クライアントとのコミュニケーション手段の
1つとしてハガキを使うのであれば、もっと
パーソナルな要素を入れてほしいですね。

たいていのスタイリストさんとは、初回から
職業、趣味、出身地くらいの話はしますので
何か共通点でもあれば、それについて一言
手書きで添えるだけでも印象が変わります。

何でもいいんです。

「あなたのことを気にかけてますよ」って
相手に伝われば。

それから、メッセージを送る頻度

誕生日だけだと年に1回。

クライアントとコミュニケーションをはかる
タイミングとしては、極端に少ないと思いま
せんか?

ハッキリいって、年に一回の連絡じゃ、
存在自体忘れてしまいますよ!!

美容院なら1~2か月に一度は通う人が多い
のではないでしょうか?

だとしたら、もっと頻繁に顧客にアプローチ
する機会はたくさんあると思いませんか?

クライアントとコミュニケーションをはかる
口実となるイベントや記念日は1年を通して
いくらでもあるので、利用しない手はないで
すよね。

よくテレビでも、一度断られて、その後何度
もアタックし続けて、最後には彼女の心を射
止めたなんてカップルの話聞きますよね。

コミュニケーションを図るか否か、そして
やると決めたら、真心を込めてメッセージを
書けるかどうか、これをやるだけでもクライ
アントの反応は違ってきます。

あなただったら、愛するクライアントへ
どのようなメッセージを伝えますか?

 

参考になったと思ったら、
この投稿をシェアしてくださいね!

PS. これから独立を目指す起業家、
起業初心者のために力になりたいと
思います。

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。