顧客とクライアントどちらを選びますか

顧客とクライアントの定義は?

あなたは自分のビジネスで顧客とクライアン
トのどちらと取引をしていますか?

あのー…???
顧客もクライアントも一緒でしょ?

いいえ、顧客とクライアントはビジネスの現
場であまり区別されずに使われていますが、
実はこの言葉の定義づけが明確になれば、
あなたのビジネスへの取り組み方が確実に
変わるほどの違いがあるのです。

では、どの程度違うのか。

少なくともニューヨーク・ヤンキースと
ニューヨーク・メッツくらい違いますよ!!

いや全く分からない・・・???

では、ゴジラとガッジィーラくらい!!

余計に分からなくしてすみません・・・

ここはひとつ辞書を使いましょう。
幾つかの辞書で調べてみると、

●顧客(Customer):
贔屓にしてくれる客
商品・サービスを販売する対象

●クライアント(Client):
専門家に相談にくる依頼者
臨床心理学では、何らかの問題解決のため
カウンセリングに訪れる人

どうでしょうか?
少し言葉の意味が違いますよね。

なんとなくですが、顧客は商品を買ってくれ
る人、または商品を販売する相手

一方、クライアントは、何らかの問題を抱え
ていて、その解決を望んでいる人

でも、まだしっくりきません。

やはり、世界ナンバーワンのマーケティング
コンサルタントであるジェイ・エイブラハム
言葉を引用しましょう。

「クライアントは、あなたの保護下にある人
で、 顧客は、商品やサービスを買う人だ」

巨匠の言葉は、シンプルかつベスト!!

あなたはクライアントとビジネスをしている

あなたは、ビジネスを継続的に発展させてい
くために、クライアントの良き相談相手とし
て、信頼関係を築き、相手が抱えている問題
に対して適切なアドバイスをしなければなり
ません。

販売の対象と見るか、問題を抱えて悩んでい
る保護が必要なクライアントと見るかで、
ビジネスの捉え方がガラリと変わります。

例えば、あなたが車を買いに自動車ディー
ラーに行ったとします。

予算を伝えているにも関わらず、やたらとグ
レードの高い車、高額のオプションを勧め、
買った後は形だけハガキを送る営業マン。

できるだけ予算内で収まるように、ある程度
のグレードの車、希望に合わない不要なオプ
ションを省き、アフターフォローも欠かさな
い営業マン。

あなただったら、どちらの営業マンとお付き
合いしますか?

後者であれば、また次の買い替えのタイミン
グで、この営業マンに相談しますよね。

どのように理想のビジネス関係を築くか

とても基本的な考え方ですが、日常生活の中
で商品・サービスを購入する際に、ただの顧
客とみられてなと感じることが多々あります。

正直、クライアントとみてくれているなと感
じるサービスを受けることは少ないです。

あなたが「顧客」と捉えるか、「クライアン
ト」ととらえるか。

ビジネスとは、クライアントとコミュニケー
ションはかる中で、いかに信頼関係を築き、
問題を解決する商品やサービスを提供して、
価値を感じてもらうことの繰り返し。

この関係性を多くのクライアントと築けば、
ビジネスは継続的に大きく発展していきます。

必須お名前

必須メールアドレス

必須お問合せ内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。