94%の起業家が直面する問題とは?

このブログタイトルにもある

94%という数字を見て

ピンときた方もいるのでは

ないかと思いますが、

一般的に起業して5年間

存続しているのは10%前後

そして10年後も存続している

起業家は5%前後といわれています。

また、東京商工リサーチの

調査結果を基に中小企業庁が

公表した統計によると

中小企業の倒産理由の

70%近くが販売不振によるもの

と言われています。

 

廃業する起業家、

倒産する企業の多くが

直面する問題には

3つの共通点があります。

 

1.自分、自社がもつ素晴らしい

価値に気づいていない。

 

2.その価値を商品化する方法を

知らない。

 

3.その商品を多くの人に

販売する方法を知らない。

 

もちろん私も起業してこの5年間で

これらの問題に直面し、

悩まされてきました。

 

今日の記事では、1番目の問題について、

解決のヒントになるポイントを

お話ししたいと思います。

 

特に無形のサービスを提供している

士業の方、コーチ・コンサルタント、

セラピストの方などには、

是非最後まで読んで頂きたいです。

 

それでは、進めていきます。

 

あなたは、ストーリーテリングという

言葉を聞いたことがありますか?

マーケティングの勉強をしていると

ストーリーマーケティングという

言葉を聞くことがあります。

 

これは、商品やサービスの機能を

論理的に説明するだけではなく、

感情的な要素を話に盛り込み

より脳裏に焼き付けて、

より身近に感じてもらい、

記憶されやすくすることです。

 

人間は機能・事実といった

論理的側面ではなく、

感情によって動きますので、

ビジネスをやっている方にとって

ストーリーテリングのスキルは

大きな武器になります。

 

では、そのストーリーの作り方は

どうすればよいのか?

 

アメリカの著名な神話学者

ジョーゼフ・キャンベルの

ヒーローズジャーニー(英雄の旅)が

非常に参考になります。

 

これはキャンベルが世界各地の

神話に登場するヒーローの

物語を構造化したもので、

1.天命

2.旅の始まり

3.境界線

4.メンター

5.悪魔

6.変容

7.タスク完了

8.故郷への帰還

のように構成されています。

 

スター・ウォーズ、マトリックス、

ロード・オブ・ザ・リングなどの

映画化された有名な物語をはじめ

多くの物語がこの流れで

構成されているそうです。

 

この構成を参考にあなたの

商品やサービスの説明に

活かすことはできないでしょうか?

自分自身や従業員の紹介に

活かすことはできないでしょうか?

 

そのためにはまず、

自分自身のストーリーを

探す必要があります。

 

ここで、是非取り組んでもらいたい

ワークがあるので紹介します。

 

ストーリーテリングに

入れるか入れないかは別として

幼少期からの成功体験や

失敗談を思い出せる限り

書き出してみましょう。

 

どんな小さなことでも

構いません。

とにかく、思い出せる限り

ノートに書き出してみて下さい。

 

次に書き出したものを上記の

8ステップの構成に当てはめて

物語を作ってみましょう。

 

8ステップ全てに当てはめることが

出来なくても大丈夫です。

 

最後に商品やサービスの説明、

自分自身のプロフィールに

使うことを意識して

見直してみましょう。

 

商品やコンテンツ作りはもちろん

企業理念や社歴を考える際にも

応用できますね。

これまでよりも簡単に見込客獲得
HPアクセスを劇的に改善
コンバージョン率を上げて売上アップ

見込み客との信頼関係を築く
3分動画マーケティング

ご相談、ご質問は個別メール
またはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。