手軽に無料ならアメブロ?5つのメリット

そもそもアメブロって何?

アメブロは実業家として有名な藤田晋さんの

サイバーエージェントが運営する日本で最大

規模のブログサービス。

何とアメブロを使っている芸能人・有名人の

数は20,000人を超えるそうで、確かに見てい

ても誰かが発信した情報からたくさんの新し

い記事や話題が生まれていて、とても活発な

印象があります。

 

気になるアメブロのシェアは?

株式会社ホットリンクの調査によると2016年

2月時点の国内主要ブログサービスで投稿され

た全ブログ記事のうち、アメブロはなんと

シェア約60%で堂々の国内1位。

 

月間の投稿記事数は1,000万件超。

現在も毎月約10万人が新規でブログを開設

しており、利用者数はどんどん増加してい

るそうです。

 

アメブロを利用するメリットは?

今日は先日お伝えしたWordPressの他に

もっと手軽に、もっと費用を抑えてブログ

サイトを立ち上げたいという方におススメ

するアメブロのメリットをお伝えします。

1.初期費用・維持費が無料

重要なメリットの1つは、やはり費用がかか

らないところでしょうか。

ワードプレスと違って、サーバーレンタル料

やドメイン取得料が無料です。

 

また数は限られますが、テンプレートデザ

インももちろん無料。

有料のプレミアムプランで、広告の非表示、

画像容量アップができます。

 

2.手軽に始められる

サーバーの利用契約をしたり、ドメイン取得

をする手間がないので、簡単なアカウント登

録だけで、今すぐにでも始められます。

 

3.アメブロ内でアクセスが集まる

アメブロはアメブロユーザー同士のアクセス

が多く、その点、自然にアクセスが流入する

ようになるまで時間がかかるWordPressとは

違って、よりアクセスが集めやすいといえ

ます。

 

4.アメーバキングなどで自動集客ができる

アメーバキングというアクセスアップの

ツールを使うことにより、カテゴリーや

キーワードを絞ったテーマで情報発信をして

いるIDを検索して、読者登録ができます。

またお返しに読者登録してもらうことで、

見込み客探しにも上手く利用することが

できます。

 

5.初心者が使いやすい

ウェブの知識が全くなくても、大丈夫。

文字も画像も投稿はとてもシンプルで

めちゃくちゃ簡単。

機能が絞られているので、高度なテクニック

は不要です。

WordPressはそれほど高度な知識がなくても

運用出来ますが、機能を拡張できる分、

時々調べなきゃいけないことも出てきます。

アメブロのデメリットは何?

最後にアメブロのデメリットについても参考

程度に簡単に触れておきます。

 

1.あくまでも他者のプラットフォーム

アメブロ側で突然ブログが消される恐れがあ

るそうで、実際に知り合いでも消されたとい

う人の話を1度だけ聞いたことがあります。

規約に触れたつもりがなくても、消されたと

いう話はネット上でも出ていますので、投稿

記事のバックアップは別途取っておきましょう。

 

2.広告が入る

自分の発信内容と関係のない広告が入るので、

ページ全体の一貫性がとりにくい。

有料のプレミアムプランにすれば、広告を

非表示にできます。

 

3.アクセス解析ができない?

以前はアメブロのアクセス解析が表示されて

いたようですが、今は表示されないようです。

その代わりにGoogle Analyticsという解析ツール

を利用できますが、ほんの少し設定の手間が

かかります。

 

4.商用禁止?

規約上はサイバーエージェントの承諾を得て

いなければ、商用利用はできないことになって

います。

但し、実態としては集客ツールとして利用されて

いるケースもあり、グレーゾーンですね。

 

5.カスタマイズ

オープンソースのWordPressと比較すると

機能拡張やカスタマイズが制限されます。

まとめ

じゃあ、WordPressとアメブロ、どっちで

ブログサイトを始めたらいいの?

最初からしっかりと時間をかけて頑張りたい

人はワードプレス。

とりあえず簡単にすぐに始めたいのであれば

アメブロ。

そして、慣れてきたらワードプレスに移行する。

テスト的にどちらもやってみるもありですね。

マーケティングはテスト、テスト、テスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。