【ビジネスが行き詰る70%の要因とは】

あなたはこのデータを見たことがありますか?

平成24年:71% 8,574件(全体12,124件)

平成25年:69% 7,468件(全体10,855件)

平成26年:69% 6,708件(全体9,731件)

平成27年:68% 5,959件(全体8,812件)

平成28年:68% 5,759件(全体8,446件)

 

面白いように過去5年間70%という数字が続いてますね。

これは、中小企業庁のホームページで公表されている
東京商工リサーチによる過去5年間の調査結果をまとめたデータです。

 

では、何の調査結果かというと、
中小企業の倒産状況を原因別に分類したデータなのです。

 

ここでは、中小企業が倒産する原因として放漫経営、
過小資本、連鎖倒産など、幾つかの原因が挙げられています。

 

しかし、このデータが示す中小企業倒産の70%を占める
最大の原因が何だか分かりますか?

 

販売不振。

 

販売不振???販売不振とは、
商品やサービスが売れないということ。

 

世の中ではそれだけ多くの経営者や起業家が
自社の商品・サービスが売れずに困っている。

 

ところで、販売不振の原因って何なのでしょうか?
もしも競合他社の商品が売れていて、
市場が存在するのなら、

1.商品に問題はないが、高い、デザインが悪い等。
2.正しいターゲットに対して売っていない。
3.正しい宣伝広告を行っていない。
4.そもそも売っていない。
5.そもそも商品が詐欺的に酷い。

1なら見込客にアピールする訴求ポイント
2なら市場のリサーチ不足
3なら正しいメディアの選定
4なら1~3のアクションを起こす

 

5のケースでない限り、適切なマーケティングこそが、
解決の糸口になると考えられますね。

 

参考になったと思ったら、この投稿をシェアしてくださいね!

PS. 中小企業経営者、起業家の方でクライアント獲得、売上アップ、
利益率改善にお悩みの方のためにお力になりたいと考えています。

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。