本当にセールスって必要だと思いますか?

ちょっとここだけの話

あんまりセールスって好きじゃない。

というか、得意じゃない。

いや、むしろ苦手な方かも・・・

 

なんかセールスって聞くと

ネガティブなイメージしか

浮かんでこないしね。

小規模な店舗型ビジネスを

経営しているオーナーさんに

マーケティングを教えてますが、

ここでもお客さんに対して

セールスはしたくないという声を

よく聞きます。

 

押し売りになるし、

断られたら嫌だし、

そもそも営業したことないし、

しゃべりに自信がない・・・

 

職人というか、専門家というか

自分が持つ特定の技術を提供する

サービスの方に多いようですね。

 

でも、これは仕方がないと思います。

 

だってスクールや講座の中では、

技術やスキルを習得する方法は

手取り足取り教えてくれても

お客さんの集め方までは

教えてくれないから。

 

私がお話を聴いていて思うのは、

良い商品・サービスさえ提供すれば

何とかなるという楽観的な思い込みから

ビジネスをスタートされた方が

多いようです。

 

私自身6年前に起業した時は

マーケティングやセールスについて

全く意識しておらず

かなり苦労しましたが・・・

 

なので、いざ開店してみたら

お客さんが全然こないという壁に

ぶち当たってしまいます。

 

そしてそういう方に限って

セールスはやりたくないと

何とかセールスを回避しようとします。

 

でもセールスって必要だね。

セールスせずにビジネスが成長

しているのなら問題ないですが。

 

むしろ、業績が低迷しているのに

セールスをしないってどういうこと?

 

ここを理解してもらうためには

セールスとは何か?

ということについて

お話しする必要があります。

 

あなたはセールスとは何だと

思いますか?

 

やはり、

押し売りとか

お願い営業とか

そんなイメージでしょうか?

 

残念ながらそれは違います。

 

そのように考えてしまうのは、

意識がお客様ではなく

あなたに向いているからです。

 

「セールスとはヘルプ」

 

何かお手伝いをしたい

相手の問題を解決してあげたい

相手に喜んでもらいたい

 

自分ではなく相手に意識が

向いている状態ではセールスは

押し売りでもお願い営業でも

ありません。

 

では、どうして相手ではなく

自分に意識が向いてしまうのか?

 

それは相手のことを理解せずに

セールスをしようとするから。

 

時々、我が家にもやってきますよ。

ピンポーン!!

「はい」

『○○クリーニングです。

近くにオープンしましたので、

良かったら使って下さい』

「近くにオープンしたから使えって

どんな理屈やねん???」

ってなりますよね?

 

そうではなくて、簡単な例として

『何かクリーニングでお困りのことは

ないですか?』

『どのようなクリーニングの

サービスがあれば利用したいですか?』

というように、自分ではなく

相手に意識を向けるのです。

 

これってどのような商品・サービスでも

どのような業界でも同じですよね。

 

仮にそれでも相手が

「今は必要ありません。」

と言えば、

あなたの助けは不要だと分かるし、

「24時間対応なら利用したい。」

と言えば、

そのようなサービスを提供できないか

商品作りに活かすことができますよね。

 

これでも押し売り営業や

お願い営業というイメージを

もってセールスをしますか?

 

意識を自分に向けるか

相手に向けるか

たったこれだけで

大きな変化が生まれます。

 

これまでよりも簡単に見込客獲得
HPアクセスを劇的に改善
コンバージョン率を上げて売上アップ

見込み客との信頼関係を築く
3分動画マーケティング

ご相談、ご質問は個別メール
またはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。