3ステップDMによる集客成功事例

集客の最初に取り組みたい3ステップDM

今回は弊社で集客コンサルティングサービスを提供している治療院で実践した3ステップDMによる集客の成功事例についてご紹介します。

この治療院はオーナー一人で経営しており、創業から数年と比較的業歴も浅く、自作ホームページからの集客もまばらで、唯一ホットペッパー経由の集客に頼っている状態でした。

過去に一度だけ新聞折込チラシをやったことがあるというので、その時のチラシを見せてもらうことにしました。

広告代理店がマーケティングのプロとは限らない

その時の新聞折込では新規集客を目指して、全国紙を活用し、店舗周辺で2000部を配布しました。

チラシの表面は、あのサラリーマンが主人公の人気アニメをモチーフにしたもので、非常にデザイン性の高いものでした。

にもかかわらず、気になる反応は5件、反応率は0.25%とお世辞にも成功と言えるものではありませんでした。

流石に気が引けて、そのチラシの作成料金は聞けませんでしたが、オーナーがそれ以来、折込チラシを止めてしまったのも納得です。

なぜなら、広告の中身は、私がざっと見た感じでも、

ターゲティング
そのサービスから得られるもの(ベネフィット)
オファーの内容
・その他諸々・・・

オーナーとの電話越しに「うーん」と唸りそうになるほど、惹き付ける要素が一切含まれていなかったのです。

こういう時こそ、3ステップDMを活用

新規集客も限られており、リピート率もそれほど高くはない、そこで今回の3ステップDMをやってみることになりました。

過去半年以内に来店経験のあるリストから、常連客を除いた60名に対して、成功実積のあるハガキを元にした自作のハガキを3回に分けて送ったのです。

結果は60人中、15人が来店し、反応率は25%で、約5万円の売上になりました。

かかった費用は1万5千円程度、費用対効果の高さは文句なしです。

それだけではありません。

本当の狙いは、再来店して頂いた顧客をリピート客にすること、嬉しいことに、既にリピート客がここから生まれているという話も聞くことができました。

なぜ3ステップなのか?

お客さんが以下のような状況であれば、この3ステップを活用することで、来店してくれる可能性が高いと考えたからです。

・ハガキを見たけど、忘れていた
・たまたま日程の都合がつかなかった
・ハガキが届いたことを知らなかった

こういったお客さんに3回に分けて接触することで、確実にハガキを見てもらい、来店に結びつける可能性が高まるのです。

この3ステップという手法は何も既存顧客だけではなく、新規集客にも使用することができます。

要は一度の結果を見て諦めるのではなく、最低3回はやって、反応を見てみるという事です。

是非あなたも参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。