インターネット集客でおさえておきたい3つのポイント

インターネットを集客に活用しよう

あなたはインターネットを集客に活用していますか?

現在、インターネットを利用したサービスには
Facebook、YouTube、Line@、Twitterをはじめ
様々なサービスが存在し、今後も更に増えていきます。

今回は自社サイト(オウンドメディア)における
集客をするうえで、おさえておきたい3つの
ポイントについて解説したいと思います。

ホームページに必要な3つのステップ

もし、あなたがホームページを集客するための
メディアとして活用するのであれば、
少なくとも次の3つのステップを
ホームページに取り入れる必要があります。

1.見込客を引きつける

2.見込客との関係構築

3.購入を促す

要は、お客様になりそうな見込客を集め、
教育して、買ってもらうという1~3の流れを
オンラインだけで完結させる仕組みを作るということ。

見込客を引きつけるのに大切なモノとは?

まず、見込客を引き付けて何をしてもらいたいのか?
はい、見込客の情報、メールアドレスですよね。

なので、メールアドレスを登録してもらうための
仕組みを作ることが第一ステップになります。

あなたの商品やサービスを購入してくれそうな
見込客が欲しがりそうなプレゼントを用意します。

無料サンプルや無料レポートなど。

但し、以下の注意点があります。
あくまでも、あなたが提供している商品やサービスと
一貫性のあるものを提供しましょう。

そうでないと、あなたの商品やサービスに
興味のない人までも集めてしまうことになります。

関係構築の第一歩は?

あなたの商品やサービスに興味を持った
見込客との関係構築の第一歩は「共感」です。

見込客のもつ悩みや問題について
あなたが充分に理解しているということを
相手にも理解してもらいましょう。

その際のコツとしては、見込客との接触頻度を
出来るだけ高めること。

そして、もう一つは、その見込客のみが
知っている事実や悩みを指摘すること。

この2つのコツが見込客との信頼関係を築く
第一歩となります。

売り込まずに売れる状態を作るには?

あなたから商品やサービスをまだ買ったことがない
見込客にセールスをかけて購入してもらうのは
それほど簡単なことではありません。

そのような場合は、まず購入する時の大きな壁を
取り払い、購入しやすい状態を作りましょう。

ここでは、フロントエンド商品(FE)
バックエンド商品(BE)の2ステップで
商品やサービスを提供していきます。

まずは、フロントエンド商品。
フロントエンドとは、新規客を獲得するために
一番最初に買ってもらう商品のことで、
集客商品とも呼ばれます。

フロントエンドは、客が欲しいと思うもので、
お手頃な価格、更に満足出来るものを用意します。

ここで、フロントエンドを購入してもらうと
お金を払うという障壁がかなり低くなるため、
バックエンドの販売が容易になります。

バックエンドとは、フロントエンドの次に
買ってもらうもので、利益商品とも呼ばれます。

バックエンドの販売時には、次の3つに気をつけます。

まず、期待値を上げ過ぎない。
次に、他のお客様の声を見てもらう。
購入後も定期的に連絡をとり、フォローアップする。

この3つのポイントをおさえて、
顧客が購入を正当化し、買ってよかったと
思ってもらえるような仕組みを作ります。

 

いかがでしたか?
インターネットでの集客の仕組みにお困りの方は、
是非、この3つのポイントをイメージしながら、
集客できるホームページの仕組みを試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。