【結果を大きく変える初めの一歩とは?】

最近、ある分野で海外輸出を始めたい、
または検討しているという経営者の方から
ご相談を受けることが増えてきました。

 

始めたいけど貿易手続きが分からない、
規制が分からない、何が売れるのか、
どうやって売るか、英語が出来ない等々…

 

確かにこういったことが分からないと不安です。
当然出来る限り事前に情報収集はした方が良いです。

貿易手続きや規制に関する情報はネット検索でほぼ解決できます。

何が売れるのかは水物のため、常に変わりますが、
マーケットに直接聞くことで解決できます。

どうやって売るかもマーケットによりけり、
最適な方法はマーケットに直接聞いた方が早いと思います。

 

英語が出来ないはアウトソーシングで解決。
正直、中学英語で十分だと思うので、少しは出来た方が良いです。

 

しかし、こういった情報や知識・ノウハウを幾ら集めても
行動に移せなければ、結果には繋がりません。

 

そして、行動に移すには、選択と選択基準を変える必要があります。

 

現在の選択基準はこれまでに見た、聞いた、
経験したことから形成されるので、
まずはマーケットに直接行き見込客に会う。

初めてのマーケットで初めての見込客に会えば、
そこで新しく見た、聞いた、経験したことが、
その後の選択基準を変えてくれます。

 

実際に私が海外輸出を始めた際も、
上記と全く同じフローで最初の顧客とビジネスを開始しました。

 

選択基準を変えると大きな変化が生まれます。

 

これから海外でビジネス展開をしたい方には、
まずは勇気をもって選択基準を変える
小さな一歩を踏み出してほしいと思います。

 

参考になったと思ったら、この投稿をシェアしてくださいね!

PS. 中小企業経営者、起業家の方でクライアント獲得、売上アップ、
利益率改善にお悩みの方のためにお力になりたいと考えています。

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします

行徳伸介とLINE@でつながる↓

https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。