商品価格を上げるちょっとした工夫

今まで我が子以上に愛情を

注いで育成してきた

可愛いこの子たちを

世に送り出す時が来た。

 

そんな

アイドルグループを

今まさに世に送り出そうとする

マネージャーのような気分。

遂にこの時が来てしまった。

先日、愛車を手放した話をしました。

新車の車検が切れる3年目。

その約半年前のこの時期。

 

日本では新生活のフレッシュ

スタートの時期にあたり、

車の買い替え需要も高くなる時期。

 

購入する前からこの時期に

お別れすることは決まって

いたのですが、やはり名残惜しい。

 

楽しい思い出の詰まった愛車を

絶対に安売りはしない!!

とは、決心したものの

一般ユーザー向けの買取査定ではなく、

業者専用のオートオークション。

 

同じ車両でも出品の時期や

一定基準の査定によって

一台ごとにつけられる

評価点によって価格は上下します。

私の愛車も3年落ちで平均25%は

新車価格より値段が落ちている。

あぁ、納得がいかない。

 

でもオークションって、

希望価格で売却することほど

難しいことはないんです。

 

市場が活発になっていく時期

同じ車両の出品数も徐々に

増えてきています。

 

この業者向けオークションでも

ヤフオクなんかと同様に

車両の内部や外観写真とともに

走行距離、主要装備、

その他セールスポイントなど

出品者がある程度自由に記入し、

閲覧できるようになっています。

 

ここでライバル車両の情報を

専用サイトでチェックしていくと

あることに気が付きます。

いや、何年も前から気が付いて

いたんですが。

誰もやっていないことがあります。

 

もしもあなたがビジネスをしていて

何か商品やサービスを販売している

とします。

あなたは自分が提供する

商品やサービスの数と

お客さんの数との関係を

どのように考えますか?

 

もし少しでも高く商品を

購入してもらいたいのなら、

お客さんの数に対して

商品の数を常に少しだけ

少ない状態にしておく

必要があります。

 

これが健全な需要と供給の

メカニズムなのですが、

このバランスについて

考えている人が非常に

少ないのです。

 

オークションではその商品を

欲しがっている熱狂的な二人が

参加するだけで価格がどんどん

吊り上がっていきます。

 

正直ものの3秒ほどで

100万円単位で入札額は

上がっていきます。

 

なので出品者がやるべきことは

出来るだけ多くの業者に

セリに参加してもらうように

働きかけることなのです。

 

オートオークションの会場に行くと

もはやおなじみの光景なのですが、

6割近くが日本人ではありません。

いろんな国からバイヤーが

集まってきています。

 

彼らは片言の日本語は喋りますが、

基本は彼らの母国語か英語。

ひらがなカタカナもそれほど

理解しているわけではありません。

 

さらに多くの非日本語ネイティブが

会場に来ることなくオンラインで

セリに参加しています。

 

そうすると、自分が出品する

車両の情報は日本語ではなく

英語で提供した方が良いのでは

ないかと気づきます。

実際に私は日本語の横に

各オプションの説明を

英語で記入しました。

 

そうすることで、

日本人のバイヤーだけでなく

海外のバイヤーにも積極的に

セリに参加するきっかけを

与えることが出来ます。

 

結果的に私が出品した車両は

過去1週間の同じタイプの

落札車両60台中で最も高額で

落札されていました。

 

平均25%の価格下落率も

6~7%で抑えられたので、

会社の決算上も売却益が

出ることになりました。

 

需要と供給のバランスを

意図的に自分に有利に

変化させるために

私がやったことは、

たった一つ。

 

「英語で説明文を加える」

 

市場の状況を考えれば

誰もが取り組むべきことですが、

誰もがやっていないので、

誰よりも良い結果を

出すことが出来ました。

 

あなたは競合が何をやっていて

何をやっていないか十分に

理解していますか?

 

もしもやっていないことが

分かれば、それに対して

あなたが代わりに出来ることは

何ですか?

 

このようなちょっとした差が

ビジネスの結果を大きく左右します。

参考になったと思ったら、
この投稿をシェアしてください!!

他社・他人に依存しない精神的自立、
働く時間に縛られない時間的自立、
お金の不安から解放される経済的自立
を目指す経営者・起業家のコーチ

ご相談、ご質問は個別メールまたはLine@でお願いします
行徳伸介とLINE@でつながる↓
https://line.me/R/ti/p/%40ljb8887m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットとリアルでの集客を戦略的に構築し、実行段階までサポートする士業のためのマーケティングコンサルタント。 特に独立後間もない士業、新規客の獲得を進めたい士業を対象とした集客を得意としており、ユニークな専門分野の見つけ方、集客システムの構築をサポートし、営業活動に充てる時間を大幅に削減することで、本業のサービス向上と顧客との信頼関係構築を支えるための活動を行っている。